DETAILS

アバルトの記念すべきDOHCエンジンを搭載した”Fiat Abarth 750 Record Monza Bialbero”が入庫いたしました。ジョアッキーノ・コロンボ設計の”Tipo 221 750 Bialberoエンジン(61mm×64mm=747.772cc)”は、ザガートデザインの新しいボディ”Record Monza”と組み合わされ、実戦で70hp以上を発揮、最高速度200kmオーバーを可能にしました。このRecord Monza 750BAはヨーロッパ選手権のみならず、Sebring12時間においても圧倒的なパフォーマンスを見せるなど、僅か数戦のレースを終えた段階で1959年シーズン最強のマシン(750ccクラス)との評価を得ています。

掲載車両は、1959年3月27日に製造されたオリジナルのFiat Abarth 750 Record Monza Bialbeloとなります。初年度登録は平成元年、4人のエンスージャストの下で大切に扱われてきたオリジナリティ高いこの個体を私共が昨年入手し、さらにオリジナルの状態に近づけるよう手を加えました。改善個所は、フロントマスク(グリル、ウィスカー、スクリプト取付のためボディラインの修正)、ホイール(Borrani 12インチバイメタルホイールへ変更)、インテリア(ステアリング変更、シフト廻りの変更)、リヤナンバーランプ取付等、多岐にわたりますが、最も注意を払い改善したのはエンジンルームです。初期ビアルベロエンジンにはWEBER36DCL4ダウンドラフトキャブレターが2基装備され、アバルト自製のエアフィルターが取り付けられますが、この個体にはエアフィルターが欠落しておりました。私共は非常にレアなこのアバルトオリジナルエアフィルターをイタリアで入手、レストアを施しインストールいたしました。さらに、FISPA FRB-11ガラス製フュエルレギュレターとオーバーフローした際のアルミ製受け皿をオリジナルのマウント位置に取付、見事にオリジナルスタイルを復元いたしました。他にも、ラジエターファンブレードをスチール製に交換、プラグコードの交換、IGNコイルマウントポジションの変更、ロングネックラジエターの再取付などの細かい点も見直しております。

7000rpm付近にレッドラインゾーンの塗り分けが入るJaeger製レブカウンター、チョークレバーが取り外されたスターターレバー部、等は、750ビアルベロだけに見られる特徴であり、この個体のオリジナリティの高さを証明しております。私共が自信を持ってお勧めする特別な一台です。是非ご確認くださいませ。

Fiat Abarth 750 Record Monza Bialbero which equipped with ABARTH’s epoch-making DOHC engine is stocked now. This “Bialbero” which has “Tipo 221 750 Bialbero engine(61mmx64mm=747.722cc)” designed by Gioacchino Colombo and a new body “Record Monza” designed by Zagato are combined has recorded 70ps, a maximum speed of over 200km/h in the race. It showed up overwhelming performance in the European championship and Sebring 12 hours. It has been rated “The strongest machine(Class 750cc)” in just a few races at 1959 season.

This vehicle had manufactured in March at 1959, then has been high carefully maintained to keep quality as original condition by four enthusiast owner after registered at 1989 in Japan. Since it was stored, we maintained to be original base such as front face (the grill, whisker and fixing the body line for script) wheels (switched to Borrani 12 inch bimetal wheels, some interiors (steering, around the shift lever )and interior, etc.. Especially we focused on the engine to repair as original form. The engine must have two “WEBER36DCL4 down draft carburetors” and an air filter its ABARTH’s original made but it was lost. However, we found the very rare filter in Italy, and then we had installed after restore. In addition, we also repaired FISPA FRB-11 glass fuel regulator and over-flowed aluminum plate to install, moreover, steel radiator, plug code and any other detail we have done.

Only ABARTH Bialbero has a red zone at 7,000rpm on the Jaeger rev counter and a starter lever without choke lever, these are a testament to the icon of original ABARTH. We highly recommend this special ABARTH.

Sold Out

1959 Fiat Abarth 750 Record Monza Bialbero

・Chassis Number  :  FIAT100☆560697☆

・Engine Number : FIAT100.000☆656481☆

・Cylinder Head Number : Tipo221/99

Request More Info
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial