DETAILS

ランボルギーニ史上、最も美しく、最も洗練されたモデル”Miura(ミウラ)”。GT40を模したジャンパオロ・ダラーラ設計のモノコックシャーシに、V12、4リッターエンジンをミッドに搭載、マルチェロ・ガンディーニの美しく精悍な2シーターボディを架装し、1966年のジュネーブショーで発表されました。美しさと速さと操縦性の良さ、全てを兼ね備えたこのミウラの登場は、当時一大センセーションを巻き起こし、これにより、ランボルギーニはフェラーリと対等以上のポジションを築きました。一世を風靡した当時から50年経った現在でも、スポーツカー史に燦然と輝く不滅のマスターピースとして語り継がれております。

掲載車両は、1968年5月28日に製造された初期型の”P400”、シャーシナンバー”3531”となります。イエローの外色にブルーのインテリアが組み合わせれ、イタリアで新車デリバリーされました。日本に輸入されたのは平成3年、4人のオーナーを経て昨年末、私共が入手いたしました。ミウラスペシャリスト監修の元で数年前レストアを受け、現在でもレストアコンディションを維持しております。オリジナリティも高く、ベルトーネの工場で124番目に製造されたボディを証明する”224”のナンバー打刻が、リヤフードルーバーをはじめとするあらゆる箇所に確認が出来ます。オリジナルエンジン(エンジンナンバー1986)も、もちろん搭載されております。

私共が自信を持ってお勧めする、オリジナリティの高い、極上のミウラでございます。是非その目でご確認下さいませ。

 

Sold Out

1968 Lamborghini Miura P400

・Chassis Number  : 3531

・Engine Number : 1986

・Body Number : 224

Request More Info
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial