DETAILS

Record car、750GTをはじめとする数々のアバルトコンペティションモデルのベースとなってきたFIAT600OHVエンジンは、アルファロメオ、フェラーリ、マセラティで辣腕を振るった名技師、ジョアッキーノ・コロンボの手を借りて1957年、Bialbero(DOHC)エンジンへと進化していきます。この新しい”Tipo 221 750 Bialberoエンジン(61mm×64mm=747.772cc)”を搭載した”Record Monza(レコルト・モンツァ)”は特筆すべき速さを見せ、瞬く間にヨーロッパGTカテゴリーの頂点に立ちました。その後アバルトは、アメリカという新たなステージを求め、ルーズベルトアメリカ合衆国元大統領の第3子”フランクリン・ルーズベルト・ジュニア”と協力体制を結び、フィアット・アバルトのアメリカ東海岸代理店契約とともに、今後開催されるアメリカの数々のレースに、ルーズベルトチームはレコルトモンツァで出走するという、魅力的な契約を締結します。こうして、アメリカに進出する足がかりができたアバルトは、4台のワークス750ビアルベロと7人のフルチームを率いて、偉大なる1959年のSebring12時間レースに”Team Roosevelt”から参戦、クラス上位4位までを独占という華々しいデビューを飾りました。

アメリカのアバルトエンスージャストが長い年月をかけてレストアしたこの個体は、”Team Roosevelt”に在籍した経緯をもつ由緒正しい一台で、Sebring12時間、4時間レースをはじめ、SCCAのレースで活躍したレースヒストリーが知られています。見事なまでにオリジナリティを忠実に再現したレストアは、Pebble Beach Concours d’Eleganceの常連、”Nino Epifani”の仕事。アバルトを知り尽くした彼のレストアへの執念は細部にまで及び、完璧なまでの完成度を誇っています。750ビアルベロだけに見られるエンジンルーム内の特徴パーツ、イグニッションコイルマウント、ロングネックラジエター、FISPAガラスレギュレター下の受け皿は、オリジナルのまま綺麗にレストアされ、シリンダーヘッドナンバーが入るIDプレートも奇跡的に残っています。唯一、Allemano製オイルテンプゲージがダッシュボードに見られないのは残念ですが、インテリアも抜かりはなく完璧にレストアされており、NARDIフラットリムが華を添えています。

わずか数十台のみが製造されたと言われる750ビアルベロの中でもトップクオリティを誇る極上の一台です。是非コレクションに加えてみてはいかがでしょうか。膨大なヒストリーファイルと共に、前後左右に装着されるレアなオリジナルバンパー4本が付属します。価格、詳細はTEL 03-3993-3760までお問合せ下さい。

Sold Out

1959 Fiat Abarth 750 Record Monza Bialbero

・Chassis Number : FIAT100☆654421☆

・Engine Number : 697450

・Cylinder Head Number : Tipo221/128

Request More Info
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial