Alfa Romeo Giulietta SZ Alfa Romeo Giulietta SZ

DETAILS

Alfa Romeo Giulietta SZ(Sprint Zagato)はザガートラインナップの中でも代表されるレアな一台です。カロッツェリア・ザガート率いるチームがレース用に開発を行い、1957年にプロトタイプが完成。オールアルミボディの重量はたったの785kg。デザインだけでなく1,290ccのエンジンが生み出す力は100hp/6,000rpmに到達し、最大速度190km/hを記録しました。後に再度Alfa RomeoはSZをリリースしますが、この初期型のデザイン、性能とは全く違ったものになります。

非常に限られた数のAlfa Romeo Giulietta SZが世界に存在している中で、掲載車両は1987年にガリビアティでフルレストアされたものになります。エンジンもオリジナルでそれを証明するナンバーもあり、非常にレアなボラーニのホイールも装備。ヴィンテージカーレースやフェスティバルなどでも注目される一台です。

Alfa Romeo GiuliettaSZ(Sprint Zagato) is one of rare collectable Zagato line launched at 1960. It was made that Carrozzeria Zagato forced his team to built it up for races. Prototype was born at 1957. The body was made by aluminum as only 785kg. It was powered functional aspect more than the design with 1,290cc engine, output to 100bhp / 6,000rpm. It is recorded 190km/h max speed.

This SZ is fully restored with original parts by Galbiati ,and perfect condition the engine mounted. It’s very samll number of existing in the world. It can be felt the history of ALFA ROMEO when you see. It also will be noted in the classic car race and any vintage car festival of the world’s leading race.

Sold Out

・C/N(シリアルナンバー)) AR 10126☆00058☆

・full-restored(レストア) at 1987 by Galbiati

・mounted Original Engine(オリジナルエンジン) 00120

・Borrani wheels its very rare(ボラーニホイール)

Request More Info
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial