DETAILS

2,926cc V8 DOHC 4バルブエンジンはピニンファリーナが監修したFerrari 308GT4をベースとして作られたもので、ヨーロッパ仕様が240hp/7,000rpm、アメリカ仕様で235hp/6,800rpmを出力。初期モデルはキャブレーターを搭載しているが、このQUATTROVALVOLEはインジェクションを搭載した1982年に発売された後期モデルです。その後発売された328は内装が近代的になるため、比較すると内装は非常にアンティークで当時の雰囲気を味わえるクラシックフェラーリの最後のモデルともいえる一台です。

クラシックフェラーリも市場には数が少なくなり、308も同時に数が減少している中でこれほど状態の良い低走行(18,000km)308GTBは珍しく、エンジン、ボディともにオリジナルのコンディションを保っています。付属品としてスペアタイヤ、スペアキー、ブックレット(取扱説明書、メンテナンスブック他)を完品。アンティークなフェラーリとして走りの楽しさを堪能いただけるお勧めの車両です。

The V8 engine as 32 valve cylinder heads was basically same designed based on Ferrari 308 GT4 model by Pininfarina. Its displacement was 2,926 cc, output to 240 hp / 7,000 rpm for European market ,and 235 hp /6,800rmp for US market(Quattrovalvole). It is performed were the 4 valves / cylinder.

This 308 quatrovalvole is very rare to show up in our market. We can say it’s very good condition as original quality because of the body condition, quit low mileage and how to stored before. 308 will have more fun to feel the history of Ferrari such as very antique decor compare with 328.

SOLD OUT

・C/N(シリアルナンバー) ☆ZFFLA12S000057453☆

・Bucket seat with genuine leather made / Power window / AC / Stereo radio

・Spare wheel(スペアタイヤ) / Spare key(スペアキー) / booklets(ブックレット類)

・Total distance(走行距離) 18,000km(recorded on the book)

・Final model 1985(1985年最終モデル)

 Request More Info 
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial